覚悟なんて無かった

昨日も拍手コメントでメッセージを送ってくださり、ありがとうございます。

仕事してないのに毎日時間がないのって、要領が悪いのかな・・・
睡眠7時間なので17時間もあるのに??
・・と言うことでお返事まだ書けていません(涙)スミマセン



今日は、キラリのうちの子記念日と言うタイミングなので
私が保護犬を迎えようと思った経緯を備忘録として残しておこうと思っています。

そんな話には興味がないよ~という方はスルーしてくださいね。

私が保護犬を知ったのは、ごはんをあげるようになった地域猫の存在がきっかけでした。
(今はもうあげていません)

地域猫を調べてネットサーフィンしているうちに
トイプードルもチワワもダックスも・・
ありとあらゆる犬種が保護犬として存在していました。

そしてそんな犬達をボランティアで保護している保護主さんがいて、
ブログやSNSを通じて里親を募集し、里親になっている人がいるのを知りました。


201511242228503ad.jpg


募集されているワンコ達は、ペットショップにいてもおかしくない子もいれば
ひどい状態でレスキューされている子もいました。

パピーや若いワンコは割りとすぐに里親が決まってお迎えをされていきます。
7才以上のシニア犬、病気を患っている、目が見えない、耳が聞こえない等の
事情があるワンコはすんなりとは決まりません。
でも、そんなワンコに里親が現れてお迎えされていくんです。

どうして?

不思議でした・・・

2015112422285247e.jpg



でも、お迎えされていくんですよね・・・
20151124222855f49.jpg

そんなワンコを何匹も見ているうちに、私もお迎えが難しそうなワンコの里親になりたいと
自然に思うようになっていったんです。


当初「保護犬なんて」と渋っていた夫も理解してくれ、
10月末、キラリがリ・スタートのブログに載りました。




↓ショッキングな写真ですが、私が初めて見たキラリです。
20151124222856b68.jpg

その時はタイミングがあえば、この子でも・・・と言う程度でした。
でも、やはり(笑)お迎え希望者が簡単に現れるはずもなく、
キラリは預かりママさんのおうちでKYぶりを発揮していました。

この子かな・・・

11月のふれあい会でキラリと会い、この不安な目をしたワンコをお迎えしようと
夫と意見も一致。

20151124222923efd.jpg

11月22日、お迎えに現れた私たちを不思議そうに見つめていたキラリは
我が家の一員となったのです。

2015112422292473e.jpg

シニア犬をお迎えして「覚悟がある」とよく言われました。

覚悟??
考えはしたけど・・・覚悟って・・なぁに?

シニアなので、残りの犬生が短い覚悟?
病気になる確率が高い覚悟?
介護をする覚悟?

どれもよく分からない・・・は無責任でしょうか?

私がワンコを看取った事がないので覚悟がよく分かっていないんだと思います。


20151124222930540.jpg



ひとつ言えることは、
ブログを読んでくださっているみなさんと同じ気持ち、
「この子と終生一緒に暮らす覚悟は持っている」事かな。


そんなパパとママだけど、2年目もよろしくね。




ランキングに参加しています。
応援ポチをいただき、とても嬉しいです♥♥♥

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
次回から横浜編に戻ります(//>ω<)



コメント欄開けます。
お返事出来ていないのに・・・ですが。
お返事すっごく、すっごく遅れますがきちんと書きます。



拍手も、拍手コメントもありがとうございます(o^-^o)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

鍵コメ K&S ままさんへ

はじめまして。

グリーンリーフさんのブログは今でも必ず見ていて、
そのワンちゃんも見ていました!
そして改めてブログを確認して、トリミングサロンも見ました!
素敵なご家庭にお迎えされて良かったです( ;∀;)( ;∀;)

先住犬ちゃんはスタイルいいですねーー
トリミングアフターもめっちゃキレイ。
生気がなかったワンコがこれからキラキラした目に変わっていくんですね。
そんな姿を見るだけで、幸せな気持ちになります。

いつかアリアとキラリに会ってあげてください。
私もキラキラした目に変わったワンコに会いたいです。

詳しく教えてくださってありがとうございました。
とても嬉しかったです。

鍵コメ Tさんへ

はじめまして。
ブログを見てくださってありがとうございます。
ワンちゃんたち四匹と暮らしているんですね。
楽しそうです(^^)/

アリアとキラリの楽しそうな表情が伝わってるでしょうか・・・
特にキラリは分かりやすい表情をしてくれるので
見ていて飽きません(笑)

これからも楽しく元気に過ごしてもらえるように
頑張りたいと思っています。

ブログはお持ちではないでしょうか?
もしお持ちでしたら教えてくださいね。

お礼が大変遅くなってすみませんでした。
ありがとうございました。

みーママさんへ

みーママさんのお父さまが思われた気持ち、
とっても分かります。
そしてその気持ちを無視してまで9歳のワンコをお迎えできなかった
ママさんの気持ちも。
家族全員がその子をかわいいと思えなければ
みんなにとって不幸ですもの・・

若いワンコを迎えてくれる里親も必要
シニアワンコを迎えてくれる里親も必要
どちらが欠けてもダメなんです。
だから4歳のワンコを迎える事が
みーママさんの役割だったんではないでしょうか。
神さまがきっと長く愛してあげてって。

一番は目の前の生命に対して逃げずに
最後まで一緒に暮らす事。
たとえ短くても。

辛いことを教えてくださってありがとうございました。

レオンくんへ

キラリが幸せいっぱいなら嬉しいな。
私は幸せです・・
レオンママを始め、キラリにあったかい言葉を
こんなにたくさんかけてもらえるなんて・・・。
いつもありがとうございます。

鍵コメ P&Hママさんへ

自然の流れ・・・
そうですね、キラリと出会ってお迎えして、その後の生活も無理がなかった。
自然でした。

私も五年前にはワンコと暮らすなんて想像もしてなかった。
ましてや2ワンコと暮らすなんて・・・
でもワンコとの生活は想像以上に楽しくて。
人生も犬生も楽しみます!
いつもありがとうございます。

プリンママへ

勢いとタイミング(笑)
確かにそう。動きながら考えたらいいですよね。
生命を預かるので最後まで責任をもってという気持ちだけは持っていたけど。。。

プリンママに話した事、覚えてもらって嬉しいーー。
でもシニアを迎えるのは難しい事なんだろうと思います。

私は幸せな犬生を送らせてあげることが目的なので
そのワンコが逝ってしまう事の自分の寂しさには目が向いてない・・・・
実際にキラリを看取ってどうなるのか。
変わるかもしれないし、またシニアを迎えるかもしれないし。
難しいですよね・・・

師匠だなんて、こんなちっぽけな人間(笑)
ワンコに対する想いは一緒ですーーー!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ママさんの覚悟、すごく伝わります(*^_^*)
この子だって思う何かがキラリちゃんにはあったんでしょうね。

最初のキラリちゃん、今とは別犬のよう・・・。
どんなつらいことがあったんだろうって思うと胸が苦しいですが、ママさんパパさんに出会えたことで、こんなに幸せな犬生を送れることが出来たんですもの。
キラリちゃん、本当によかったね!
アリアちゃんも家族が増えてよかったね♪

私は子供のころから10匹以上のわんこを飼ってきて、そしてたくさん見送ってきました。
覚悟がどれだけあったかなんてわかりません。
子供の頃からわんこと生きているのが当たり前の人生だから。家族だから。
私はそれでいいんじゃないかなって思います。
わからないことも試行錯誤しながらも無我夢中に育犬する、それが大事だと思うから。

きっとだからキラリちゃんもアリアちゃんもとっても幸せ♡
見ていたらわかります、とっても嬉しい目をしていますもの(#^^#)

おめでとう

キラリちゃん、家の子記念日おめでどう
ママの気持ち、本当によくわかります

レイアも先日、家の子記念日をお友達がサプライズして下さって
私涙なみだ~でした(≧▽≦)

今までの分、いっぱい幸せになろうね
って・・・もうなってるね♡

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

キラリちゃん生まれ変わったみたい
またまた今夜も涙です
覚悟、、、パパさんママさん
ステキなお話し、ありがとう
一匹でも多くのワンチャンが
幸せであってほしいと思います
まずは我が子もなんですけど、、、
今夜もバトルしながら愛そそぎます(笑)
※お返事ムリなさらず(^-^)/
またお邪魔させていただきます♥

覚悟かあ…
覚悟というなら、どんな状況でも同じですよね。
「家族として、何があっても一緒にいる!」
この一言しかないです。

うちの猫ズのうち…檀さんは、近所の動物病院で飼い主を募集していたんです。
ちらっと見に行くつもりで、手ぶらで行ったんですが…
目があったら、もう、連れて帰る以外の選択肢はなくw
それまで、犬としか暮らしたことがなかったので、とても不安でした。
でも、連れて帰った以上、私が彼に合わせるしかないですもんね。

マルコのほうは、多頭飼いで相性が悪かったらどうしようか?と悩んだのですが、そこは大丈夫でした。
ただ、わずか3歳で、先天性の腎奇形による慢性腎不全が判明。
でも…「この子にしなけりゃよかった」なんて、一度も思ったことはないです。
それどころか、先天性とはいえ、見つけてあげられなくてホントにごめん!と、謝ってばかりでした。

楽しい時も、病気の時も、けんかした時も。
いつでも、一緒の時間を過ごしていきたい!という、その一心でここまで来ました!

みーんなで、仲良く楽しく。
時々泣きながら。
そうやって過ごしていきたいですね。

「覚悟なんてなかった」から良かったのでしょうね
どの子をお迎えする時にも持つ「この子と終生一緒に暮らす覚悟」だけしっかりとあったから、きっとアリアちゃんもキラリちゃんもスッと新しい生活になじめたのでしょうね
保護犬・保護猫のことを調べられていたから、現実をしっかりと受け止められていたから、特別な覚悟を持つことなくキラリちゃんをお迎えすることができたのではないでしょうか
アリキラママさんはなんてことない風におっしゃいますが、やはり凄いことだと思います。
私は保護犬を迎えることについて旦那を説得できませんでした(いちごを迎えるより前の話です)、思いが足りなかったんだと思います
何が言いたいのかよくわからなくなりましたが、とにかくアリキラママさんが好きです、ということです!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私自身は、はじめ9歳のトイプーちゃんを希望してたんです。
前の子が旅立って、もうワンコは迎えないと決めていたけど
やはり大人ばかりの生活は味気なくて。
でも、同居してる父がどうしても嫌だと言いました。
見送ったばかりなのに、また数年でこんな辛い思いをするのは嫌だと。

家族みんなが迎えたい!って思わなきゃ、ワンコに失礼なんで
結局4歳の子を迎えましたが。

みんな我が子と一日でも長く過ごしたい。
でも、若いから過ごす時間が長いとか、シニアだから短いとか、
本当はわからない・・・ちょっと綺麗ごとなんですけどね。

やっぱり私は、シニアの子を迎えられる方を尊敬です。

この子と終生一緒に暮らす覚悟は持っているって、素敵☆
ほんと、なによりそれですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

泣ける
しあわせいっぱい
キラリちゃん
アリアちゃん

ぱぱママ
みんなしあわせいっぱいだね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

覚悟ね~~。私は色々考えちゃって…
でもね、考えてたら何も進まないと言うか、アリキラママが正しいの♪結婚なんかもそうだけど(えっ違う?!Σ( ̄□ ̄;))勢いとタイミング。すぐに行動に出せたアリキラママは本当に凄い!ずーっと尊敬してます!現に一つの命が救われてもう1年経ってるのだからね。

そして、アリキラママから言われた事で絶対忘れられない事を1つ。

私がシニアの仔をお迎えするのは病気とか障害とかは大丈夫でも亡くなるまでが近いと悲しいから嫌だと、出来るなら若い仔がいいと言った時、アリキラママが若い仔は貰い手がすぐにあるけどシニアは難しい。だからこそ先の長くない仔から引き取って行かないと。って!頭をガーンと殴られたようだったよ♪
本当にそう、私は自分の哀しみばかりを考えてた♪何か悟りを拓いたような(大げさ?でも本当にそう感じたの)だからその言葉は今もずっと忘れない。ありがとーアリキラママ(^-^)v私の師匠!
夫婦+トイプー 四人家族

アリキラママ

Author:アリキラママ
◆アリア 6才
2011年1月31日生まれ
体重3.2㌔

◆キラリ 13才
2003年11月22日生まれ(推定)
体重2.9㌔→3.3㌔→3.5㌔

最新記事
コメントありがとう♪
ブログ村に参加してます
日本ブログ村
月別アーカイブ
カテゴリ
いつもありがとう
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村 1ポチプリーズ♪
カウンター(2015.9.24~)
リンク
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR