FC2ブログ

ララとの56日間その3 ララとの暮らしをまとめて

2020冬・猫活動★ララ(キジトラ)
02 /25 2020


222はララと暮らした56日間のお話です。
頑張ったララの様子を綴っていきます。

ララの下半身麻痺を知った時、同じ病気の猫のブログをいくつも読みました。
ララもそんな時に役に立てばと思います。

それでもララの事を見るのは辛い・・・・と言ってくださる方は
1つ前のアリキラのお話へどうぞ~👇



お忙しい方は応援ポチをいただけると更新の励みになります♥
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ



足が動くかも
だらんとしたままのシッポも動くかも

あれ、少し反応が変わったんじゃない?
今、シッポ動いたんじゃない?
小さな変化に希望を感じたり

マッサージをしても変わらない
昨日と今日は何も変わらない
変わらない現実に希望を見失ったり

1月は変化が感じられず落ち込んでいたら
あれ!って事があってまた気持ちが上ったりと
まるでツンデレ男子に翻弄されている女子のような気持ちでした(笑)


ララの通院16



でも、ララは食べたり食べなかったりで
どんどん痩せていきました。

栄養をつけてもらおうと子猫用のウェットにしたり
餌やリさんがくれた色んな味のウェットやドライをお皿に盛っても
食べたり食べなかったり・・・。



ララの通院17



このままだと栄養失調で死んじゃうんじゃない?
と思った時も・・・
保護当初3キロ近くあった体重は
一時期2キロ近くまで減って、また2.6キロまで増えて。

排尿もちゃんとさせてるつもりでも
やっぱり全部出しきれてなくて、キラキラし始めて😢
ストラバイト発症してしまい、食事がPHコントロールフードに。
これもまた、食べたり食べなかったりで・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

皮膚の状態も悪くなってしまい、これは正直とても大変でした。
お薬塗って、新たにお薬も飲んでもらって。


私の生活は間違いなくララ中心にまわっていました。

そんな時に分かったアリアの下唇にできたデキモノ。
散歩も、シャンプーも、皮膚の事もちゃんと見てやってたよね?私・・・
見れてなかった・・・?

ますますララの事が紹介できなくなっていきました。


手術当日アリア11



ジジの正式譲渡が決定、手続きという嬉しい出来事が
あったのもこの時です。



ジジの正式譲渡手続き15



2月になって慌ただしく時間が過ぎていきました。


そんな中、いつもお世話になっているMさんから
支援金からMRIの検査費用を出していただけるという
とても有り難いお話をいただきました。


ララの通院19



かかりつけの病院が
MRI検査ができる病院に予約をとってくれました。

ララの為にたくさんの人が動いてくれている
みんなララが再び立って歩けることを願ってくれている
検査をするのがベストなんだと思っていました。

体重が減ってるのに、麻酔をかけて大丈夫なんだろうか?
疑問に思いながらも、危険であれば検査先が言うだろうしと
意思決定を他者に委ねて。


ところで。
ララの写真は病気の記録が中心だけど
日常のふとした瞬間の写真も残っています。


ララとクッション11



ララに使ってもらっていたクッションはセリアやダイソーで購入したもの♡

ミントグリーンとピンク、ホワイトのミニクッションを買って
マメに洗って使ってもらっていました。



ララとクッション12



警戒していたララも
少しずつ心を開いてくれるようになって
ケージからじーっと私を見ていたり
名前を呼んだら返事をしてくれたり
(でも、気に入らないと嚙みそうになるんですけど(笑))



ララとクッション13




ララとの暮らしを夏くらいまではリアルに思い描いていて
パパの実家の法事も連れていくしかないよねとか

もしかしたら3年?5年?とか一緒に暮らす事になるかな?
パパも「とうとううちのコかーー」って言ってたのにね。



ララとクッション15



どんなコも一緒に暮らしたら大切な家族。



ララとクッション14



可愛かったなぁ。



また病院




次回はララとの暮らし、最終回です。



ララとの56日間その2 下半身麻痺について

2020冬・猫活動★ララ(キジトラ)
02 /24 2020


222はララと暮らした56日間のお話になります。
頑張ったララの様子を綴っていきます。

ララの下半身麻痺を知った時、同じ病気の猫のブログをいくつも読みました。
ララもそんな時に役に立てばと思います。

それでもララの事を見るのは辛い・・・・と言ってくださる方は
1つ前のアリキラのお話へどうぞ~👇
最新話はこちらです♥



お忙しい方は応援ポチをいただけると更新の励みになります♥
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ


予定外に保護したのはいいけど
キャリーバッグで過ごしてもらうわけにはいきません。

慌ててハウスにする段ボール箱を
近所のドラッグストアでもらってきました。

病院でノミダニ駆除薬をスポットしてもらったけど
数日間は玄関で暮らしてもらいます。


ララの通院12



ジアイーノも玄関近くで大活躍(笑)



ララおしめ
この頃はまだふっくらしてたなぁ・・・・


とっても大きな段ボールをもらえたので、結構快適そう(笑)
電気カイロに湯たんぽも入れて寒さ対策もしました。


ララの保護で一番の不安は圧迫排尿。
最初はコツがつかめず、四苦八苦💦
どこを押したらいいの?
卵みたいな袋があるって聞いたけど、分からないーーー💦

なんとか大小出してもらって、さぁオムツ・・・
そしたらガブリと2回噛まれました😢

でも、2回目は手加減したのが分かったので
申し訳ないと思ったんだね~(*´з`)←おいおい
(この時は腫れ無し)


ララの通院11



3日後の病院年内最終診察へ。

教えていただいたマッサージも続けたし
お薬もちゃんと飲んでのに
ララは回復も改善もしませんでした。


2020年の最初の診察日にもう一度診せてくださいと言われ
看護師さんに圧迫排尿のコツを再度しっかり教えてもらって
帰ってきました。

大晦日、お正月と過ぎていきます。


ララの保護19



圧迫排尿する事で尿漏れがなくなり、おしめしなくて良くなりました。


そろそろケージに移動しようね。


ララの通院13


介助しやすいようにパパにDIYしてもらいました。

トイレしてもらうのが格段に楽になりました!
この頃からコツをつかんで、割としっかり出せるようになり
うんちが溜まっているのも分かるように(*´з`)

なによりララが協力的で(麻痺してますしね)
トイレはそんなに大変ではなかったかな~


ララの通院14



だるまも使っていた雪だるまハウスを置きました♥



ララの通院15



さて。
ララの足なんですが。


ララの足11



両脚は全く動きません。
腰や膝、しっぽを触ると反射で動きますが
それは脳からの指令ではなく、意思なく動いているだけです。

立たそうとすると足の先は丸まってしまいます。
おかしな方向を向く時もあります。

しっぽは何をしても全く動きません。

MRIで分かった事を医学に精通されているYさんがまとめてくれました。
神経学的な検査を受け、脳と上半身は問題ナシ。
下半身の神経が重度に損傷している。
でも、その原因が外傷性によるものなのか
それとも感染(FIPドライタイプ)によるものなのか、
何を取っても現実に起きていることが既知のことに当てはまらない。
確定診断ができない。
 

ララの通院18



この頃はまだ介助すれば座る事ができていた・・・

振り返ってみると、ララはどんどん弱っていっていたんだと
今さらながらに気がつきます。



ララの足12



日中は雪だるまを崩して、日向ぼっこしてもらってました。



ララの足13



1月は働いていなかったので
一日4回圧迫排尿して、マッサージやブラッシング。
ごはんは食べたり食べなかったりムラがあったので
食べる時もずっとそばに付き添っていました。



ララの足14



長くなってきました。

その3に続きます。


ララとの56日間その1 保護について

2020冬・猫活動★ララ(キジトラ)
02 /23 2020


今日から222は
ララと暮らした56日間のお話になります。
悲しいお話は”ララ最後の三日間”でおしまい。
222では頑張ったララの様子を綴っていきます。

ララの下半身麻痺を知った時、同じ病気の猫のブログをいくつも読みました。
ララもそんな時に役に立てばと思います。 

それでもララの事を見るのは辛い・・・・と言ってくださる方は
1つ前のアリキラのお話へどうぞ~👇



お忙しい方は応援ポチをいただけると更新の励みになります♥
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ



ララの保護は先日お伝えした通り、12月28日。
偶然にもこの日は2018年だるまを保護した日でもあります(。-_-。)

大掃除で大忙しだった我が家。
気が付けば夕方!
パパがアリキラの散歩だーーー!と出かけた時に(逃げたな)
餌やりさんから電話が入りました。


ララの保護11



ララの姿を確認していたのはこの前日の27日。

違う猫の事で餌やりさんと話をしに行った時に
前脚だけで動くララが!
私を見た途端、必死で逃げていくララの姿は衝撃的で
Σ(ω |||)

餌やリさんが言う「足の調子が悪い」レベルじゃないやん!

そしてララは姿を隠してしまいましたが
28日、姿を現した連絡が入ったのでした。


ララの保護13



餌やリさん2人は一日2回のごはんと猫たちのケアをしています。

1人はどうにかしてあげたいけど
自宅に病人がいて家に猫をいれる事ができない
もう1人はどんな状況になっても猫を入れる気はない
私はTNRはするけど、日常のごはんなどの世話はできない

何かあれば連絡が入り、その都度対処してきました。
見送った猫もいます。

でも、ララの状態は・・
全員頭を抱えました。


ララの保護14



このままにしていては死ぬのを待つだけ・・・・

でも・・・

ララを初めて見てからずっとどうしよう、どうしようと
ずっとずっと考えていました。

でも、
保護せずに、ずっとララの事を考えて暮らす位なら
後悔する位なら。


ララの保護15



猫の神さまが
空席なのを見計らったんだね(笑)

「病院へ連れて行って、うちに入れます」
そう言って、連れて帰りました。

医療費は3人で折半です。

アリキラと帰ってきたパパの驚く顔(・.・;)
病院がまだ開いている時間だったので電話をいれてから
お世話になっているかかりつけ病院へ。


ララの保護16



ララは生粋の野良猫です。
私に懐いているわけでもありません。

果たして触らせてくれるのか?
嚙んで引っ掻いて威嚇してとうてい診察なんて無理かも・・・

先生には迷惑ばかりかけて申し訳なさでいっぱいになりながら
一か八かキャリーバッグを開けると
おとなしくされるがまま(*'ω'*)



ララの保護17



保護するまでの数日間、
下半身を引きずっていたララは排泄物と土などがついて
かなりの汚れが・・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

その汚れを温めたタオルで何度も拭いて
たまっていたおしっことうんちも出してもらえました。

下半身が立たないのは骨折では?と疑っていたので
レントゲンを撮りましたが


ララのレントゲン



立てない原因は骨折ではありませんでした。

注射、抗生剤も処方してもらって
「もしかしたらこれですんなり立つかも」
最終診察日にもう一度来てと言われて
ララを連れて家へ戻りました。


ララの保護18



そんな風にいきなり始まったララとの暮らし、初日は過ぎていったのです。





ララ、最後の三日間

2020冬・猫活動★ララ(キジトラ)
02 /22 2020
追記にしていたララのお話を、独立させました。
今日は222猫の日なんですよね🐈


先にお伝えします。
ララ、頑張ってくれていたんですが、あっという間に旅立ってしまいました。
今日は容態が急変した前後3日間のお話をしようと思います。


悲しいお話になりますので
それはちょっと・・・と思う方は、アリキラのお話に戻ってくださいね。


≪水曜日≫
容態が急変した前日の水曜日の様子から聞いてください。

実は立てない原因を調べにMRIの検査に行っていました。
原因が分かれば治療方法が分かるかもしれないと思って・・・

お世話になっている会で保護した猫の中には
ララのように後ろ足が麻痺していた猫がいました。
願いを込めてクララと名付けられ、
精密検査をして、立って歩けるようになったんです✨

ララもそうなりたいと思って、クララのクを取ってララと名付けました。


ララありがとう11



いつもお世話になっているMさんと
医学に精通されているYさんの車でMRI検査ができる病院へ向かいました。

午前診の最終時間(12時30分)に診察、
その後MRI、18時に結果説明と言う長い長い一日でした。


ララありがとう14



その結果は
下半身麻痺のグレードは最悪の5(0が正常で5が痛みも感じないレベル)
たとえ改善しても正常になるのは難しい

そして原因は不明
ただ、外傷ではなく感染症の可能性の方が高いのでは・・・
という事でした。

1つ考えられる病気の検査をお願いして夜20時すぎに帰宅。



ララありがとう12



帰宅した時は特に変わりありませんでした。
ごはんも食べました。

深夜0時のララの排泄を済ませて、眠る準備を整えた時に
元気がないと言うか、反応が鈍くなってる様な気がしたのが
今考えると最初の異変でした。



≪木曜日≫
そして木曜日。
ちょっと元気はないように思えたものの
呼べば返事をしてくれたし、
呼吸は水曜日と変わりなかったので仕事に行きました。

でも、帰ってみたら明らかに様子がおかしい。
いつも鳴かないララが私を見た途端ニャーニャー鳴いて
頭をなでると安心したようにベッドで横になり、
いつもなら撫でようとすると頭を手の方に近づけるのに
それをしない。
まるで最後の挨拶をして安心したかのように、反応が極端に鈍くなりました。

足もバタつけせてるし、目もおかしい。
すぐ病院へと思ったけど、木曜日はかかりつけの病院が休診日。
慌ててラインにSOSを出して病院へ行ったのが昨日の顛末でした。

病院では手の施しようがないと言われ、
ララを囲んで大人3人、先生も含めて重い沈黙が続き・・・・

入院させても深夜0時には無人になると言われたので
点滴してララを連れて帰宅する事にしました。

あまりの状態の変化、というか悪化に気持ちがついていけず
夜も眠ったようなずっと起きていたような・・・。



ララありがとう13




≪金曜日≫
休みたかったけど、 
2週続けてララが理由で、遅刻、欠勤をしていたので 
とりあえず午前中出勤して、午後早退させてもらう事にしました。
今さらですが、休めば良かったと後悔しています。


AM5時。
ララは浅い呼吸をしていました。
名前を呼んだら返事してくれました。
何度も何度も頭をなでて
帰ってくるまで待っててね。走って帰って来るからね。
ララ、ララ。



ララありがとう18



でも、間に合いませんでした。


帰った時、まだ体は温かく、硬直もしていなかったので、
ギリギリまで待っていてくれたのかもしれません。



ララありがとう17



今までララの面倒を何年も見ていた餌やリさん二人に連絡を取って
みんなでララを見送りました。



ララは頭を撫でられるのが大好きでした。
一生懸命伸びをしてもっと撫でてと甘えてくる猫でした。

気に入らないとガブっと嚙むので私の右手は
引っ掻き傷と嚙み傷だらけ。
先週は噛まれた所が腫れてしまって点滴に3日間も通ったのも
今では笑い話になってます。

実はその点滴の帰り道に、アリアの病理検査結果を聞いたのです。


ララありがとう16



MRIをしなければよかった

ララの命を預かっている保護主としてララの立場に立てていなかった

検査をしていなければ、今晩もララはケージで寝ていたかもしれない



ララありがとう15



ララ、もう少し一緒にいたかった

圧迫排尿も息があってきたのに

ララ、ごめんね


ララ、生まれ変わったら私のもとへ迷わずまっすぐにくるんだよ



キジトラの女の子、ララ
年齢不明
耳カットがある状態で近くの公園に現れ、
私がTNRした猫達と4年間一緒に暮らしていました。
愛情いっぱいの餌やリさんのおかげで、野良生活とはいえ幸せだったと思います。




気持ちの整理がつかず
だらだら長くなってしまってごめんなさい。
ララの事、知ってくださって嬉しいです。
ありがとうございました。



ありがとうララ。大好きだったよララ。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

あっという間

2020冬・猫活動★ララ(キジトラ)
02 /22 2020



アリアとキラリに会いにきてくださり、ありがとうございます。
ララに頑張れ~~って励ましコメントをくださったみなさま。
心よりありがとうございます。
本文(アリキラのお話)のあとにララの事を記事にしています。
お時間があれば、神戸の片隅でひっそり暮らしていた猫の事を
”続きを読む”をクリックして読んでください。



ランキングに参加しています

2019年のお話に戻るのは来週からにして
時計は少し戻って1月の話題です(*'ω'*)


2020生田さん11



眠くて意識朦朧としてブログ書けない時用にと
温存していて初詣のお話💦

写真加工したのは1月末だったかな~。



2020生田さん12



お気に入りのニットを着て生田神社へ。



2020生田さん13



地元民は生田神社の事を生田さんと呼びます(*´з`)



2020生田さん14



私の願い事は
お金持ちになれますように、でも
食べても太らない体になりますように、でも
なく(いえ、叶えてもらえるなら叶えて欲しいけど)



2020生田さん16



何事もなく過ぎて欲しいだけなんです。。。。神さま。。。。


年が明けて1カ月と20日。
もう半年くらい過ぎたような気がします。

今年はそういう年なんだろうなぁ。←そういう?
こういう時ってあるよな~←こういう?
何年前がそうだったかなぁ・・・

必ず物事は好転するから
頑張りどころ、踏ん張りどころ。
最悪な事にはなってない!と自分に言い聞かせていたんだけど・・・


2020生田さん17



ああ、空転してますね。すみません。


何が起きてもブログの文章にはどこか明るさがある
ってコメントくださったAさん、ありがとう♡嬉しい~

昔から長所は?と聞かれると
「明るいですっ」と答えていたのはウソじゃなかった(*'ω'*)


春には嬉しい楽しい事がきっとたくさん待ってるはず。


三連休も嬉しい事ですね♥




★ララのお話を読んでくださる方は右下にある
続きを読むをクリックしてくださいね(*'ω'*)



ランキングに参加しています。
応援ポチをありがとうございます♥♥
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ





拍手も拍手コメントもありがとうございます。
でも、お返事できなくてごめんなさい💦

続きを読む

アリキラママ

◆アリア 9才
2011年1月31日生まれ
体重3.2㌔

◆キラリ 16才
2003年11月22日生まれ(推定)
体重2.9㌔→3.3㌔→3.5㌔→4㌔

★預かり保護猫
2020年春生まれ ビアンカ


★お空に旅立った保護猫
2020年冬 ララ(推定6歳)

★幸せになった保護猫
2018年春生まれ りく・くう
2018年夏生まれ だるま
2019年春生まれ ビビ
2019年冬生まれ ジジ
2019年秋生まれ もも