FC2ブログ

ララとの56日間その3 ララとの暮らしをまとめて

2020冬・猫活動★ララ(キジトラ)
02 /25 2020


222はララと暮らした56日間のお話です。
頑張ったララの様子を綴っていきます。

ララの下半身麻痺を知った時、同じ病気の猫のブログをいくつも読みました。
ララもそんな時に役に立てばと思います。

それでもララの事を見るのは辛い・・・・と言ってくださる方は
1つ前のアリキラのお話へどうぞ~👇



お忙しい方は応援ポチをいただけると更新の励みになります♥
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ



足が動くかも
だらんとしたままのシッポも動くかも

あれ、少し反応が変わったんじゃない?
今、シッポ動いたんじゃない?
小さな変化に希望を感じたり

マッサージをしても変わらない
昨日と今日は何も変わらない
変わらない現実に希望を見失ったり

1月は変化が感じられず落ち込んでいたら
あれ!って事があってまた気持ちが上ったりと
まるでツンデレ男子に翻弄されている女子のような気持ちでした(笑)


ララの通院16



でも、ララは食べたり食べなかったりで
どんどん痩せていきました。

栄養をつけてもらおうと子猫用のウェットにしたり
餌やリさんがくれた色んな味のウェットやドライをお皿に盛っても
食べたり食べなかったり・・・。



ララの通院17



このままだと栄養失調で死んじゃうんじゃない?
と思った時も・・・
保護当初3キロ近くあった体重は
一時期2キロ近くまで減って、また2.6キロまで増えて。

排尿もちゃんとさせてるつもりでも
やっぱり全部出しきれてなくて、キラキラし始めて😢
ストラバイト発症してしまい、食事がPHコントロールフードに。
これもまた、食べたり食べなかったりで・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

皮膚の状態も悪くなってしまい、これは正直とても大変でした。
お薬塗って、新たにお薬も飲んでもらって。


私の生活は間違いなくララ中心にまわっていました。

そんな時に分かったアリアの下唇にできたデキモノ。
散歩も、シャンプーも、皮膚の事もちゃんと見てやってたよね?私・・・
見れてなかった・・・?

ますますララの事が紹介できなくなっていきました。


手術当日アリア11



ジジの正式譲渡が決定、手続きという嬉しい出来事が
あったのもこの時です。



ジジの正式譲渡手続き15



2月になって慌ただしく時間が過ぎていきました。


そんな中、いつもお世話になっているMさんから
支援金からMRIの検査費用を出していただけるという
とても有り難いお話をいただきました。


ララの通院19



かかりつけの病院が
MRI検査ができる病院に予約をとってくれました。

ララの為にたくさんの人が動いてくれている
みんなララが再び立って歩けることを願ってくれている
検査をするのがベストなんだと思っていました。

体重が減ってるのに、麻酔をかけて大丈夫なんだろうか?
疑問に思いながらも、危険であれば検査先が言うだろうしと
意思決定を他者に委ねて。


ところで。
ララの写真は病気の記録が中心だけど
日常のふとした瞬間の写真も残っています。


ララとクッション11



ララに使ってもらっていたクッションはセリアやダイソーで購入したもの♡

ミントグリーンとピンク、ホワイトのミニクッションを買って
マメに洗って使ってもらっていました。



ララとクッション12



警戒していたララも
少しずつ心を開いてくれるようになって
ケージからじーっと私を見ていたり
名前を呼んだら返事をしてくれたり
(でも、気に入らないと嚙みそうになるんですけど(笑))



ララとクッション13




ララとの暮らしを夏くらいまではリアルに思い描いていて
パパの実家の法事も連れていくしかないよねとか

もしかしたら3年?5年?とか一緒に暮らす事になるかな?
パパも「とうとううちのコかーー」って言ってたのにね。



ララとクッション15



どんなコも一緒に暮らしたら大切な家族。



ララとクッション14



可愛かったなぁ。



また病院




次回はララとの暮らし、最終回です。



スポンサーサイト



アリキラママ

◆アリア 9才
2011年1月31日生まれ
体重3.2㌔

◆キラリ 16才
2003年11月22日生まれ(推定)
体重2.9㌔→3.3㌔→3.5㌔→4㌔


★お空に旅立った保護猫
2020年冬 ララ(推定6歳)

★幸せになった保護猫
2018年春生まれ りく・くう
2018年夏生まれ だるま
2019年春生まれ ビビ
2019年冬生まれ ジジ
2019年秋生まれ もも