FC2ブログ

知人が保護したワンコの話。その後。

保護犬
08 /12 2016
ひまわり見れて良かったね!とコメント、ありがとうございます。
いつもなら7月の三連休も一面ひまわり畑になるそうなので
来年リベンジしたいですーー。

山の日だった11日は、体操の内村選手の逆転金メダルの話題で
もちきりでしたねーーー。
私も朝からウルウル・・・
ぎっくり腰で立ててるんだから、ホントにスゴイ。

さて。
道路で動けなくて、うずくまっていたワンコを知人が保護した話を
覚えていらっしゃるでしょうか、、、。


20160811001059e98.jpg


アリアも覚えてる?

 20160811001115fc5.jpg


知人が警察署に連れて行って、先週末保管期限が切れてたダックスちゃん。

その後どうなったか、知人が連絡をくれました。
20160811001113057.jpg
結局最後まで飼い主は現れずε=ε=(怒゚Д゚)ノ

詳細は割愛しますが、里親さんへ譲渡される事になったそうです
(((o(*゚▽゚*)o)))
20160811001118a14.jpg
第二の犬生を無事スタートできる事になって、本当に良かった。

 2016081100114495d.jpg


アリア、目が怖い、、、、。

推定7~10才のダックスちゃんと暮らしていただろうその飼い主は
今、どんな気持ちなんだろう。
思い出すこともないのかな。

ただ、もう犬を飼おうって思わないで欲しい(「・ω・)「ガオー
20160811001146020.jpg
里親さんは先住ダックスちゃんもいるおうちなんだそうです。

仲良く暮らしてね。




今日も横浜通信はおやすみします。



ランキングに参加しています。
応援ポチをいただき、いつもありがとうございます。


身近で里親話が続いて、改めて犬と終生暮らす事を考えさせられました。


拍手もありがとうございます。

知人が保護したワンコの話

保護犬
07 /29 2016
今日は朝から太陽が照り付けていて
更に朝んぽの時間を繰り上げないといけないと感じました。
アーリーサマータイム導入か・・・・(えっ、アーリーの意味が違う?)


さて突然ですが、
先日知人がダックスを保護しました。

保護した場所は道路の真ん中・・・・。

車が行き交う道路の真ん中で動けず、うずくまっていたそのダックスは
最初は歩けず、抱き上げてると噛みついてきたそうです。
20160728233123caa.jpg 
でも落ち着いたら普通に歩けて、静かに抱かれて、
車に乗るのも慣れた様子だったとか。

どれぐらいの時間、道路で車におびえていたのか、
嚙む事で自分を守ろうとしたんだろうと思うと
悲しいやら、腹立たしいやら、、、、。

警察署に届けて数日経っても、飼い主は現れていないそうです。

知人が警察署の方と連携しているそうですので、またご報告します。
20160728233124b8c.jpg 
ホントに。

なんだか最近こういう話が身近で続いていて、心がもやもや・・・


と、話題は180度変わって。
20160728171009d93.jpg
関西の高級スーパー、”いかりスーパー”がOPENしたので

セレブじゃないけど、行って来ましたよ~


201607281710110fb.jpg


まさか、入場制限がかかっているとは思わなかったけどΣ(´Д`*)

スーパーに入るのに、まさか10分も並ぶと思わなかったけど(。-_-。)

フィナンシェもらえてラッキー(*´v`)


201607281710129c6.jpg


新鮮な野菜が揃っているから、また行くだろうけど

単価が高いから、行ったらよーーく考えて買い物しないと

レジで「!!」ってなる可能性大( ´艸`)


と、ローカルなお話でした。


ランキングに参加しています。
応援ポチをいただき、ありがとうございます♥♡♥
本当に「~ざます」って言うんだろうか・・・?



拍手もありがとうございます(o^-^o)
拍手コメントにお返事できてなくて申し訳ありません。
感謝しながら拝見しています♡

成犬は愛せない?

保護犬
05 /30 2016
5月から神戸の東遊園地で、ファーマーズマーケットが開催されています。
野菜やコーヒー、パンや朝ごはんが売られていて、
最近の我が家の週末散歩コースです♡

この日もコーヒーを買ってひっそり飲んでいたら
初老のおばさまが、アリアとキラリを見てにこーっと話しかけてこられました。
2016052922051006f.jpg
そのおばさま、ちょっと偏った考え方の様で(笑)
女性は結婚して子供を産んで育てないとダメみたいな話をひとしきりされ
「この子たちは姉妹?何才?」とアリアとキラリの話題に。

年上のキラリをあとから迎えたと話したら

「そんなので仲良くできるの?」
201605292203574a4.jpg
「仲良くしてますよ。
キラリは11才で迎えましたが、6才下のアリアを立ててます。
(時々踏んだり、ごはんを横取りしてるけど(笑))」


「11才で?そんな年齢でしつけはできるの?」
20160529220357206.jpg
「何才でもできますよーー。
トイレの失敗も全然なかったんですよーー(と自慢)」

そして、ストレートに聞かれてビックリしたのが

「子供のころから育てなくて愛せるの?」

こう思っている人って多いんですよね・・・。
だからペットショップ(生体販売)が無くならないのかも。


「2か月半でうちの子になったアリアも
20160529220621f32.jpg
推定11歳でうちの子になったキラリも
201605292206209ec.jpg
同じように愛しくて、同じように大切ですよ。」
20160529220622917.jpg

おばさま、理解できない風な表情で
「猫は外に出たり家の中に入ったり、汚くてダメね~。その点犬は飼い主がちゃんと拭いてるからね」
と言われて立ち去って行かれました・・・

「今時のマンションで暮らす猫は外に出る事はありませんよ」の
私の声は届いたでしょうか・・・?おばさま・・・
(にゃんこ散歩もあるけどね)



ランキングに参加しています。
応援ポチをいただき、ありがとうございます♥♡♥
ポチをありがとう♪
愛を育むのはいくつからでも、いつからでも。



拍手もありがとうございます(o^-^o)
(拍手コメントにお返事できてなくて申し訳ありません。
感謝しながら拝見しています♡)

★募集中止★1才未満のトイプードルの里親募集について

保護犬
03 /09 2016
里親希望者が多数の為、募集中止となったそうです。


本日二回目の更新です。

私がキラリと出会う前に、問い合わせをした保護犬がいました。
ブラウンのトイプードルの女の子。
そのワンコとは縁が結ばれなかったのですが、保護犬を迎える事を現実的なものとして
行動した大きなきっかけでした。

その保護主さんのブログを見たら
まだ1歳未満のトイプードルが里親さんを募集されていました。

今回は保護主さん宅ではなく、彷徨っていたトイプードルを見つけて警察に届けて
自宅でお世話をしてくださった方のお宅で里親さんを待っています。

この方は、この2匹を長期にわたっておくことができない環境のため
早急に里親さんを募集されています。

保護犬さんがお届けできる範囲なので、地域は限られてきますが、
今回は早く里親さんとのご縁を結べた方がいいと思いましたので
私のブログでもお伝えさせていただきます。

★募集ワンコ★

・トイプードル クリーム (コロロくん)  1歳未満

・トイプードル レッド (ゴロくん)  1歳未満

2ワンコとも3キロ弱
明るく元気で活発です
人が大好きみたいです


保護さんが、去勢手術や、ワクチン接種などの医療ケアを責任を持ってし、
ご自宅までお届けくださいます。


詳しくは保護主さん(青葉さん)のサイトをご確認ください。
(里親希望の方は保護主さんの<犬の譲渡について>をご覧ください)

兵庫GREEN LEAF 未来を信じて




私のブログよりも、見ている方が多いので私が記事にしても・・・と思ったのですが
今朝見た2ワンコの事が頭から離れず、少しでもお役に立つならと思いました。
まだ1才未満のあどけない顔をしたこの2ワンコの里親さんが
一日も早く見つかりますように。

覚悟なんて無かった

保護犬
11 /25 2015
昨日も拍手コメントでメッセージを送ってくださり、ありがとうございます。

仕事してないのに毎日時間がないのって、要領が悪いのかな・・・
睡眠7時間なので17時間もあるのに??
・・と言うことでお返事まだ書けていません(涙)スミマセン



今日は、キラリのうちの子記念日と言うタイミングなので
私が保護犬を迎えようと思った経緯を備忘録として残しておこうと思っています。

そんな話には興味がないよ~という方はスルーしてくださいね。

私が保護犬を知ったのは、ごはんをあげるようになった地域猫の存在がきっかけでした。
(今はもうあげていません)

地域猫を調べてネットサーフィンしているうちに
トイプードルもチワワもダックスも・・
ありとあらゆる犬種が保護犬として存在していました。

そしてそんな犬達をボランティアで保護している保護主さんがいて、
ブログやSNSを通じて里親を募集し、里親になっている人がいるのを知りました。


201511242228503ad.jpg


募集されているワンコ達は、ペットショップにいてもおかしくない子もいれば
ひどい状態でレスキューされている子もいました。

パピーや若いワンコは割りとすぐに里親が決まってお迎えをされていきます。
7才以上のシニア犬、病気を患っている、目が見えない、耳が聞こえない等の
事情があるワンコはすんなりとは決まりません。
でも、そんなワンコに里親が現れてお迎えされていくんです。

どうして?

不思議でした・・・

2015112422285247e.jpg



でも、お迎えされていくんですよね・・・
20151124222855f49.jpg

そんなワンコを何匹も見ているうちに、私もお迎えが難しそうなワンコの里親になりたいと
自然に思うようになっていったんです。


当初「保護犬なんて」と渋っていた夫も理解してくれ、
10月末、キラリがリ・スタートのブログに載りました。




↓ショッキングな写真ですが、私が初めて見たキラリです。
20151124222856b68.jpg

その時はタイミングがあえば、この子でも・・・と言う程度でした。
でも、やはり(笑)お迎え希望者が簡単に現れるはずもなく、
キラリは預かりママさんのおうちでKYぶりを発揮していました。

この子かな・・・

11月のふれあい会でキラリと会い、この不安な目をしたワンコをお迎えしようと
夫と意見も一致。

20151124222923efd.jpg

11月22日、お迎えに現れた私たちを不思議そうに見つめていたキラリは
我が家の一員となったのです。

2015112422292473e.jpg

シニア犬をお迎えして「覚悟がある」とよく言われました。

覚悟??
考えはしたけど・・・覚悟って・・なぁに?

シニアなので、残りの犬生が短い覚悟?
病気になる確率が高い覚悟?
介護をする覚悟?

どれもよく分からない・・・は無責任でしょうか?

私がワンコを看取った事がないので覚悟がよく分かっていないんだと思います。


20151124222930540.jpg



ひとつ言えることは、
ブログを読んでくださっているみなさんと同じ気持ち、
「この子と終生一緒に暮らす覚悟は持っている」事かな。


そんなパパとママだけど、2年目もよろしくね。




ランキングに参加しています。
応援ポチをいただき、とても嬉しいです♥♥♥

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
次回から横浜編に戻ります(//>ω<)



コメント欄開けます。
お返事出来ていないのに・・・ですが。
お返事すっごく、すっごく遅れますがきちんと書きます。



拍手も、拍手コメントもありがとうございます(o^-^o)

アリキラママ

◆アリア 9才
2011年1月31日生まれ
体重3.2㌔

◆キラリ 16才
2003年11月22日生まれ(推定)
体重2.9㌔→3.3㌔→3.5㌔→4㌔

★預かり保護猫
2020年春生まれ ビアンカ


★お空に旅立った保護猫
2020年冬 ララ(推定6歳)

★幸せになった保護猫
2018年春生まれ りく・くう
2018年夏生まれ だるま
2019年春生まれ ビビ
2019年冬生まれ ジジ
2019年秋生まれ もも